ネットショッピングの虚無の話

買わなかった後悔が嫌いだ。欲しいと思った物が金銭的に買える物なら、買わないと気が済まない。ずっとそんな性分でここまで生きてきた。

私の買い物は、必要な物・欲しい物のイメージにもっとも近い物を探す買い物と、なんだかふんわりとした、素敵な物を見つけたいという気持ちでぶらつく買い物の2種類があり、そして後者の頻度が圧倒的に高い。

しかし買い物の目的がはっきりしていないと、視界に入る情報を制限できず、つまりセンサーがガバガバな状態で宝の山に飛び込んでいくということで、目に映る素敵な物すべてが欲しい物の対象になってしまう。私に待ち受ける未来は散財か買わなかった後悔のいずれかのみなのだ。

買わなかった後悔は虚無である。お金さえ払えば、今ここにない喜びや笑顔が手に入ったかもしれないのだ。過去に何度も味わってきたこの虚無を、私はもう味わいたくない!

見なければ欲しくならない、存在さえ知らずに生きていられると、当然頭では理解しているが、それでも私は待ち構える2つの未来を見て見ぬふりしながら買い物をする。

 

※ネットで買い物してたんですけど、欲しい物全部買って(若干予算オーバー)決済完了したその画面に表示された「あなたへのおすすめ」でたった今入荷したらしい今買ったどれよりも素敵な商品を見て、手数料とかあれこれを考える間さえなく追加購入したって話です。買わないと後悔するし買わなかった後悔は嫌いなので…。